ファラフェルの魅力

ファラフェルはヒヨコマメまたはソラマメから作ったコロッケのような中東の食べ物です。

水によく浸し、もどしてからすり潰したひよこ豆かそら豆、または二つを混ぜ合わせたものに。
パセリやコリアンダー等の様々なスパイスを混ぜ込み丸めてあげた料理です。

アレクサンドリアを除くエジプトでは、そら豆で作るものを「タアメイヤ(アラビア語: ????? ta`amiyya)」と呼ぶこともあるそうです。

ピタといわれるパンにトマト・キュウリ・フムス等の野菜をを挟み、
タヒーニと呼ばれる胡麻のソースやフムスをかけてはさみ、サンドイッチにして食べることも。

ファラフェルについては地域によって食べ方に大きな違いはないそうですがシリア、レバノンなどの地域では、ホブズ・マルクークまたはホブズ・アル=ジャバルと呼ばれる直径30センチほどの薄いナン状のパンにトマト、イタリアンパセリ、赤カブやキュウリの漬物などを細かく切って散らし、これもまたざっと砕いたファラフェルを散らしてソースをかけ、くるくると巻いて食べるというスタイルもあるそうです。

日本にも数多くのファラフェル専門店が増え、日本人の食生活にもぐっと身近な料理となりました。
各家庭でソースやパンなど工夫して食べてみても面白いかもしれませんね。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

トルコ料理のピラフ

トルコ料理にもピラフがあります。
色々具材を入れるピラフもあります。
ピラフは日本の感覚では主食ですが、トルコではおかずであり、メイン料理の付け合わせとして食べられるのです。
そのために、日本人の想像する具だくさんのピラフではなく、極シンプルなピラフなのです。

サーデピラウと言って、一番シンプルで簡単なピラフを作って見ましょう。
まずはお米を洗ってざるにあげておきます。
次に鍋にマーガリンを溶かしますが、トルコのマーガリンは日本のマーガリンとは味が違うので、手に入らなければ、バターの方が良いでしょう。
この鍋で、お米を炒めます。
そこへチキンスープを入れます。
チキンスープはチキンを煮て作ったスープですが、なければ鶏ガラスープでも代用できます。
味付けは塩こしょうで調えてください。
後はご飯を炊く要領で火を入れていきます。
炊きあがったらしばらく蒸してください。
もちろん炊飯器で炊いても作る事ができます。
これでできあがりです。

はじめはなれない味ですが、なれるとおいしくいただけます。
お米の使い方は、国によって違いがあるので、とてもおもしろい食材です。
トルコでは、このようなピラフだけでなく、スープに入れたり、デザートにしたりします。
日本ではお米は主食のイメージがあるので、かなり違和感はありますが、意外とこれらのお米料理はおいしいのです。
トルコに行った時には是非トルコ風のお米料理を堪能したいものですね。
ピラフは付け合わせなので、メインの料理もお忘れなく。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

トルコ料理のメネケン

トルコ料理は、思いのほか日本人にもなじみの深い料理がたくさんあります。
日本でも卵料理はたくさんあり、卵は良く使われる食材です。
トルコでも同じ様に卵料理は人気のある料理の一つです。
スクランブルエッグは、日本でも食べられていますが、トルコ料理のスクランブルエッグは、具だくさんでまた日本のスクランブルエッグとは違ったおいしさがある卵料理です。

トルコでも朝食のおかずや、軽く食べたい時にさっと作って食べられます。
トルコ風のスクランブルエッグはメネケンと呼ばれています。
作り方も簡単で、挽肉をバターでよく炒めます。
火が肉に通ったら、青唐辛子の輪切りを入れて炒めます。
味付けは塩こしょう、パプリカでします。
青唐辛子がしんなりしたら、そこに角切りしたトマトを入れます。
その状態で煮詰めます。
少しトマトの汁気が残っているくらいまで煮詰めます。
溶き卵を入れてとじます。
これでできあがりです。

このメネケンは、パンなどのに乗せて食べます。
トルコでは朝食で食べられることが多い料理です。
挽肉は、種類は何でも良いですが、トルコはイスラム教徒の国なので、豚肉は使われません。
牛肉や羊の肉が使われる事が多いですが、鶏肉でも大丈夫でしょう。
このメネケンは、スクランブルエッグと言うよりは、オムレツに近い様に感じます。
日本の様に卵だけのスクランブルエッグよりも具だくさんで、栄養価が高く朝食にぴったりですね。
是非家庭でも作ってみてください。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

屋台でのトルコ料理

トルコ料理と言ってもケバブなどは、有名ではありますが、普段から庶民が食べている料理ではありません。
トルコでも、肉をたくさん食べるのは、何か特別な日やお客様に振る舞う時です。
普段はどちらかと言うと野菜中心の料理がトルコの家庭料理なのです。
しかし、トルコの街中でよく見られる屋台では、日本でも最近見かけるお肉料理の屋台があります。
ドネル・ケバブと言われるケバブ料理の一つです。

トルコではイスラム教徒がほとんどなので、豚肉を食べることはありません。
牛肉や羊肉の料理が一般的です。
トルコの羊肉はとても良質とも言われています。
この羊肉を重ねて筒状にしたものをオーブンで焼いたもので、ドルネ・ケバブは回転焼き肉として有名です。

ドルネ・ケバブを注文すると、長いナイフでこの肉の塊をそいでくれます。
これをパンなどに挟んでケバブサンドとして渡してくれます。
庶民の味ですが、とてもおいしく、手軽に食べられます。
トルコの街中でも、田舎でもこのドルネ・ケバブの屋台はみられ、どこに行っても食べられます。

トルコには、このドルネ・ケバブ以外にも様々な種類の屋台料理があります。
レストランで食べるトルコ料理ももちろん絶品ですが、このような、屋台で売っている、トルコの普通の人達が日常的に食べている料理も、とても美味なのではないでしょうか。
トルコに行ったら、必ず屋台料理は食べてみたいものですね。
トルコのファストフードと言って良いでしょう。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

トルコ料理のレンズ豆のスープ

トルコ料理と言えば、シシケバブの様な、肉料理が思い浮かびます。
だから、トルコ人は普段から肉料理が多いと思っている人も多いでしょう。
しかし、シシケバブの様な、肉料理はトルコでもごちそうで、特別な日やお客様をおもてなしする時にしか作りません。
普段から、トルコの一般家庭では、豆や野菜などの料理がほとんどで、びっくりするくらいの野菜を食べるのです。

トルコ料理の中でもこの様な家庭料理は、よりトルコを身近に感じる事のできる料理です。
レンズ豆のスープは、トルコの家庭ではとても良く飲まれるスープです。
トルコの味噌汁の様な存在です。
作り方も比較的簡単です。

赤レンズ豆と米を良く洗っておきます。
タマネギとにんじん、ジャガイモをみじん切りにします。
タマネギの色が変わるまで、バターでじっくり炒めます。
よく炒めたら、レンズ豆と米、他の野菜を入れさらに良く炒めます。
これに水とサルチャを加えて、レンズ豆が柔らかくなるまで煮込みます。
これをミキサーにかけます。
味付けは塩で味を調えて、食べる前にミントや唐辛子などの好みのハーブを加えてできあがりです。

たくさん作って作り置きもできます。
サルチャは絶対入れなくてはならないものではないのですが、やはりせっかくのトルコ料理なので、よりトルコ風を楽しむのであれば、是非サルチャは入れてください。
サルチャはトマトを塩だけで煮詰めるだけですので、一度作って置けば、味噌のようにどんな料理にも使用できます。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

トルコ料理のムフラマ

野菜をたっぷり食べたい時には、トルコ料理はお勧めです。
特にトルコの家庭では、普段は肉の量はそれほど多くなく、どちらかというと野菜や豆類をしっかり食べるのが特徴です。
トルコ料理の材料は、日本でも好まれて食べられるものが多くて、野菜もおなじみのものを使う料理がいっぱいあります。

作り方がとても簡単で、おいしいトルコの家庭料理に、ムフラマと言う料理があります。
ムフラマはほうれん草と卵を使った料理です。
まずはタマネギをみじん切りにします。
ほうれん草をたっぷりゆでます。
トルコでは自らじっくりゆでる様ですが、日本のおひたしを作る要領で、沸騰したお湯にほうれん草を入れてさっとゆでる程度でも、できあがりにあまり差はないようです。

タマネギをオリーブオイルで透明になるまで炒めます。
そこに挽肉を入れます。
肉の種類は何でも良いのですが、イスラム教徒が多いトルコでは、豚肉は使用せず、通常は牛肉です。鶏肉でも大丈夫です。
肉の色が変わったら、塩と香辛料で味付けをしますが、香辛料は唐辛子やこしょうなどを使用します。
香辛料が苦手な場合はなくても大丈夫です。
そしてほうれん草を入れて混ぜ、ふたをして蒸し焼きにします。
5分くらい蒸し焼きにしたら、ふたをあけて、具材の真ん中に卵を落とします。
さらにふたをして5分程度蒸し焼きにしてできあがりです。
ほうれん草は火を通すとかなり量が減るので、たっぷり使用してください。
とても簡単なトルコのヘルシー料理です。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

トルコ料理のバクラヴァ

トルコ料理の中でも伝統的なお菓子は強烈な甘さのものであることは有名です。
その代表的なお菓子である蜂蜜漬けのパイは、トルコの伝統的な行事などで食べられるお菓子です。
このお菓子は、バクラヴァと言う、とても甘いお菓子なのですが、トルコの食文化を知るには是非食べてみて欲しいお菓子の一つです。
家庭で作るのも挑戦して欲しいです。

このバクラヴァは、トルコでは、ユフカという春巻きの生地ににたものを使用するのですが、冷凍のバートフィロを解凍して使用しても良いでしょう。
作り方は簡単で、クルミやアーモンドを荒くつぶしておきます。
バターを溶かします。
オーブンのトレイにバターをたっぷり塗って、そこに解凍したバートフィロをトレイに合わせて敷きます。
その上に、砕いたクルミなどと、たっぷりバターを乗せます。
その上にまた、バートフィロを乗せて、またクルミを敷、バターを乗せます。
最後にバートフィロを乗せて、バターをたっぷりかけて、オーブンで焼きます。

ソースは、鍋で水とグラニュー糖と蜂蜜を入れて煮詰めます。
とろみが出たら、最後にレモン汁を入れて火を止めます。
焼き上がったバグラヴァをソースに漬けます。
蜂蜜のソースが完全にしみこむまでに、半日くらいかかります。
さめたら切り分けて、食べてください。
作り方を見ただけで、とても甘そうではありますが、一度お試しあれ。
中に入れるナッツはクルミでなくてもアーモンドでもおいしくできます。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

トルコ料理のドルマ

トルコ料理にはドルマ料理という料理の種類があります。
このドルマ料理はトルコでは野菜料理として作られる料理となります。
ドルマ料理とは、キャベツの葉やぶどうの葉に具材を包んで調理した、包み料理の事をいいます。
また、ナスや、カボチャ、ピーマンなどの野菜の中身をくりぬいて、具材を詰め込んで調理するものもあります。
ドルマ料理には、挽肉が入るものと入らないものがあり、入らないものは、菜食主義者などにも良く食べられる料理です。

日本の家庭で作りやすいドルマ料理として、ビベルドルマがあります。
ピーマンの詰め物です。
作り方は簡単です。
ピーマンのへたの部分を切り落とし、中のタネなどをきれいに取り出します。
中の具材は、米と、牛挽肉、サルチャ、タマネギ、唐辛子、ニンニクなどです。
香辛料は好みでいれますが、クミンなどやオレガノなどがお勧めです。

米はあらかじめ洗っておきます。
この洗った米にこれらの具材を入れてしっかり混ぜ合わせます。
混ぜた具材をピーマンに詰めていきますが、火を入れると米がふくらむので、あまりぎゅうぎゅうに詰め込み過ぎると、ピーマンが破裂してしまうので、注意が必要です。
このピーマンを鍋に立てて並べます。
そこに水と、サルチャを入れて、はじめは強火で、沸騰したら弱火で蒸し焼きにします。
万が一ピーマンが倒れてしまっても大丈夫です。
できあがったら、パセリなどを散らしてもきれいな彩りとなり、食欲をそそるかもしれませんね。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

トルコ料理のダブック・チョルパス

トルコ料理でスープを作る時は、スープストックを使う事もたくさんあります。
スープストックは、鶏肉をじっくり煮込んで作るスープです。
このスープストックを作る同時に、だしにとった鶏肉も食べるスープを、タブック・チョルパスと言います。
無駄なく食べられるスープなので、スープストックを家庭で作る時は是非作って欲しいスープです。

鶏ガラを一羽分、たっぷりの水に入れてコトコト煮込みます。
後でタブック・チョルパスを作る事を考えると、ある程度肉の付いた鶏肉の方が、身がたくさん食べられるので、骨付きの手羽やもも肉でも良いでしょう。
水が8割ほどに減ったら、火を止めてください。
このようになると、肉が骨から簡単に離れる程になっているはずです。
鶏ガラをとりだして、スープをこします。
これでスープストックのできあがりです。

このスープストックを鍋にとり、だしにとった鶏ガラの肉を細かく裂いて、入れて火にかけます。
味付けは塩こしょうで調えます。
ここにサラダ用の細いタイプのスパゲティーを入れます。
スパゲティーが柔らかくなったら、火を止めて、パセリをうかべてできあがりです。
好みでレモン汁を加えるとさっぱりしてより飲みやすくなります。
高タンパクで、低カロリー、コラーゲンたっぷりの、ヘルシースープです。
是非女性にお勧めしたいスープです。
スープストックを作るという課程が面倒な気がする人もいるかもしれませんが、意外に簡単にできるので、挑戦してみてください。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

トルコ料理のジャジュク

トルコ料理は、オリーブオイルをたくさん使用すると言う事でも有名です。
オリーブオイルたっぷりのトルコ料理にもう一つ欠かせないものの一つが、ヨーグルトです。
ヨーグルトはブルガリアとういイメージもありますが、トルコでもとても良く使用される食材で、ヨーグルトを使用した料理もたくさんあります。

トルコのカフェや料理店では、必ずアイランというヨーグルトドリンクが置いてあり、地元の人にはとても普通に飲まれているドリンクです。
ヨーグルトは、飲み物だけでなく、和え物にも使用され、簡単に手軽にできるために是非日本の家庭でも挑戦して欲しい料理です。

キュウリのヨーグルト和えは、トルコではジャジュクと呼ばれて、朝食の一品として食べられます。
作り方は簡単です。
たっぷりのプレーンヨーグルトを良くかき混ぜてなめらかにします。
ここにつぶしたニンニクと塩を混ぜます。
細切りにしたキュウリとこのヨーグルトソースを和えます。
仕上げにオリーブオイルを垂らし、ミントの葉を散らしてできあがりです。

とても手軽で簡単です。
食材も日本で十分手軽に手に入るものばかりなので、気楽に挑戦してみると良いでしょう。
日本のデザート感覚のヨーグルトではなくて、サラダ感覚でヨーグルトを使用する事も多く、スープに入れたり、肉料理に添えたりする事もあります。
ヨーグルトの酸味は、こってりとしたオイリーな料理にはとても良くあい、ヨーグルト自体に栄養価も高いので、好まれる食材です。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS